九谷焼豆皿体験会へ

 

今日は雨降り。寒いです。

関東甲信越地方、梅雨入りしましたね。癖毛には辛い季節が始まりました。

 

4月、5月に六本木ミッドタウン・THE COVER NIPPONの九谷焼豆皿体験会に参加しました。

真生窯・宮本雅夫先生のご指導です。

宮本先生が予め描いてくださった下絵に九谷の絵の具をのせる…という大変贅沢な体験会です。

4月は唐草紋様。宮本先生が実演してくださいました。皆さんの熱い視線が集まります。

絵の具(呉須)は五色。赤・黄・緑・青・紫。

それぞれ好きな色を選びます。でもね、焼成していない絵の具だとなかなか色の区別がつきません。

私は青(紺青と書いてありますね)を選びました。宮本先生のお手本と記念撮影。絵の具をのせていますが、白に見えますよね。

 

5月の体験会ではサツキを描きました。

↑下絵の状態です。こちらは五色使うので、絵の具を間違えないように気をつけましたよ。

またまた先生のお手本と並べて。

 

 

先に唐草の豆皿を受け取っていましたが、2枚揃いました。

焼成前と焼成後の変化が楽しいですね。

とても楽しく貴重な体験会でした。

 

 

2019年の体験会の豆皿です↓こちらも当時のブログに載せましたね。

 

ずっとやりたかった宮本先生の「五彩青手」

キルンアートの講座を受講することにしました。赤絵細描の講座の研究科課題が修了していないのですが…頑張って受講したいと思います。

 

 

洋の絵付けも楽しいですが、和の絵付けも大好きです。下絵付けは当教室では焼成できませんが、和絵付けに興味のある方はぜひいらしてくださいね。

 

お問い合わせは公式LINEからどうぞ。友だち登録からお声かけいただくと、お得な二大クーポンをプレゼントいたします。

 

Instagramhttps://www.instagram.com/salon.minouchet

お問い合わせ・お申込みはお気軽にどうぞ

お友達のおうちに遊びに行く感覚でぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。