ポーセラーツで八角タンブラー作り(体験レッスンメニュー)

 

絵付けをしていると、筆が色々と増えてきます。

ペン立てが足りなくなってきたので、作ることにしました。いつも突然作り始めます。

 

体験レッスンメニューにもある八角タンブラー。なかなか役に立ちます。

 

よく『不器用ですが作れますか?』とのご質問もいただくので、作り方を載せますね。

皆さん『不器用ですー』と仰いますが、ご謙遜。ポーセラーツはハサミとカッターナイフが使えれば大丈夫!レッスンにお越しくださった皆さん、とってもお上手に仕上げていらっしゃいますもの。

 

 

ではスタート!転写紙は定番を選びました。

 

まずは『キルンアートクリーナー』で白磁を念入りに…表も裏も中も全部 拭き取ります。汚れや油分を取り除き、転写紙がキチンと接着するようにですね。

 

転写紙のデザインにもよりますが、白磁のサイズを計ります。

 

転写紙をサイズ通りにカットします。ハサミよりカッターナイフで切った方がスッパリと綺麗に切れると思います。

 

切った転写紙を並べるとデザインがわかりますね。

ゴールドのラインはどなたかがカットしたけれど使わなかったもの…楽してしまいました。

転写紙と台紙を離すためお水につけます。

 

転写紙と台紙を一緒にピンセットで取り出します。さあ!白磁に貼っていきますよ。

転写紙の下に『ポコ』っと空気が入っていますね。水も入っているので、シッカリと抜いていきます。

台紙はこんな感じで転写紙から取り除きます。

丁寧に水抜きと空気抜きをします。空気や水が残っていると転写紙がうまく焼き付きません。(転写紙にトビが出る)

繋ぎ目もわからないですね。。インストラクターとして身に付いていて当然の技術です。

もちろん、フリーコースレッスンでもキチンとお伝えいたします。

ポーセラーツ、デザインにより色々な貼り方ができます。お名前やイニシャルも入れることができますよ。

ラインは黒にすれば良かった〜と思いながら、このまま焼成しますが…

焼成前ならやり直しができるので、レッスン中にデザイン変更可能です。

初めてでも大丈夫!デザインのご相談にも乗ります。

どうぞお気軽にお越しくださいませ。

 

 

 

お問い合わせ・お申込みはお気軽にどうぞ

お友達のおうちに遊びに行く感覚でぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です