何度も描きたくなる矢車菊

 

桜が最後の力を振り絞り、モッコウバラにヤマブキが咲き始めましたね。わんこ散歩で色々なお花を目にすることが多くなってきました。

 

2月末のことです。S様が彩色チャイナペインティングの体験レッスンにお越しくださいました。

な、な、何と!S様、陶画舎の先輩でした。

私、心臓が飛び出してしまいそうでした。

 

そのような訳で矢車菊では物足りないかしら?と思いながら、体験レッスンがスタートいたしました。

彩色チャイナペインティングの矢車菊は速乾性。筆も陶画舎の西洋本科ではあまり使わなかった物ではないかと思います。

S様、違った描き方を楽しんでいただけたでしょうか?

いつも通り、写真が下手でごめんなさい。更にレッスン風景は撮り忘れました。

S様には既にお渡ししています。綺麗に可憐に描いていただきました。

濃淡や細い線一本で作品の仕上がりがグーンとUPします。

 

私の写真の腕前もグーンとUPしたいものです。最近、写真用に秘密兵器を購入したのですよ。(余談でございます)

 

ブルーが美しい可憐な矢車菊。何度も描きたくなってしまいます。

煎茶椀にも描いてみました。和でもいけますね。

 

お皿は初めて描いた課題作品。カップ&ソーサーはノリタケの白磁に描いてみました。因みに私は彩色チャイナペインティングの体験レッスン無しで即課題に取り組みました。

 

彩色チャイナペインティングはアウトライン転写紙を焼成した白磁に彩色します。修正のために消しても下絵は消えません。納得いくまで何度でも描き直すことができます。

 

 

レッスン後、S様より『楽しいひと時を過ごしました』とメールをいただきました。

楽しんでいただく事を一番の目標としております。何より嬉しいお言葉です。

3月のご予約もいただき、S様オリジナルの作品の一回目の焼成が終わりました。(下の写真)

お上品なのにとってもお茶目なS様。マスクを二枚着用とは言え大きな声で笑わない様に気を付けながらのレッスンでした。そのレッスンのお話しは別の機会に。

 

2月体験レッスンにお越しいただいたS様。当教室2月はレッスンをお休みしていました。スケジュールについてお問い合わせをいただき、調整可能日とご都合が一致したので体験レッスンご受講の運びとなりました。

急にレッスン可能になる日もございます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

4月のレッスン日公開しております。ご都合が合えば、ポーセラーツ・彩色チャイナペインティング・タイルクラフトのお好きな体験レッスンにお越しくださいませ。

 

お問い合わせ・お申込みはお気軽にどうぞ

お友達のおうちに遊びに行く感覚でぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

今度の依頼品は